2017年07月25日

藤城清治美術館

那須の藤城清治美術館  7月24日(月)那須高原の友人別荘に招かれて、藤城清治美術館へ連れて行って貰った。 かねてから是非観たいと思って居たので、感謝感激! 思って居た以上に大きく立派な美術館であった。 当然、館内は写真撮影はNGだったので、作品写真は有りません。 うっそうとした木立の中、ヤマユリや紫陽花が咲き乱れ、作品に相応しい雰囲気の美術館だ。 この美術館は、藤城さん個人の所有する美術館で、その規模の大きさは、他に比類ない素晴らしいものだ。 何と言っても、中身の作品の素晴らしさが際立つ! 光と相まったメルヘンの世界は、観る人総てに感動を与える。 93歳の現在も創作意欲は全く衰えず、次々に創作し、全国各地にて展覧会を開催中だ。 にも拘らず、文化功労賞も未だ貰って居ないのは、片手落ちであろうと思う。  訳の解らない現代美術と称するものを何処の美術館でも開催しているが、全く観客を呼べないイベントばかりだ! 幼児から老人まで感動を与えてくれる、藤城さんの絵の様なイベントを美術館はもっと重要視するべきだと思う。 また訪れてみたい美術館だ!   


Posted by やきものばか at 23:49Comments(0)文化絵画ひかり影絵