› 自性寺焼あんなこと、こんなこと › シロアリ、建物被害

2017年01月17日

古畳で藁灰を作る

古くなった畳を燃やして、釉薬の原料となる藁灰を作って居る。 昨年は白アリの被害に遭ってさんざんな目に遭い、畳も換えた。 今は、藁の畳が殆ど無くなって、手に入らないらしい。 そこで我が家もパルプ状の芯になった畳となってしまった。 藁はなかなか、入手困難になって来たので、古い畳を燃やして灰を作る事にした。片付け賃が一枚1000円掛かるし、もったいない。畳一枚分の藁の量はかなりの量になる。一枚燃やすとゴミ袋2個分取れるので、一石二鳥の訳だ。すでに私が使っても使い切れない程あるが、弟子の為に教えながら作って居る所です。