2019年05月31日

群馬県ふるさと伝統工芸品展

5月3日、群馬県ふるさと伝統工芸品展が県庁ホールで始まりました。 オープニングセレモニーの後開場となり、県の関係者他大勢の来客で賑わいました。 今年は南ホールにて、うまいもの市も開かれており、大変賑やかです。 今回は新たに、5品目指定、12人の伝統工芸士の認定もあり、質の高い展示となっております。 工芸士による実演コーナーも充実し、見ごたえがあります。 アンケート回答や、1,000円以上のお買い物により空くじなしで、豪華な伝統工芸品を盛りだくさん用意して当たる抽選会も開かれており好評です。買い物の金額より高価な景品を用意してありますので、喜ばれるはずです。 展覧会場に、大澤知事が初めて来場し1時間半に亘り、熱心に見学して工芸士と語り合って、認識を新たにした様です。 6月3日まで開催しておりますので、是非お出かけ下さい。   


2019年05月26日

群馬県ふるさと伝統工芸品展のお知らせ

毎年恒例の群馬県指定伝統工芸品展を5月30日(木)~6月3日(月)まで、県庁県民ホールで開催します。 今年は新たな指定の工芸品が多数出展されます。 また、制作実演やお楽しみ抽選会もあり、アンケートにお答えするだけで、豪華なふるさとの伝統工芸品が当たります。【空くじなし)私の作品も抽選会に、(16点、総額7万円程)提供されます。 南側ホールでは群馬の名物食品も販売されますので、どうぞお出かけ下さい。 開催時間は、午前10:00~午後6:00(6月2日は午後5:00、最終日は午後3時迄)   


2018年10月27日

富岡製糸場出土陶器=自性寺焼

昨日、富岡製糸場に行ってきた。 現在、ブリューナ館に於いて、製糸場出土物展が開催されている。出土物の中に、陶器で韮塚の名前が入っている物が、数多く出て来ると言う。ほんの数点であるが、展示されていた。 この人は韮塚直次郎と言う、資材調達の請負人であった。長い間の工事に関する資材や、賄などに使われた物で色々な物が必要であったであろう。又、操業開始しての工女達の賄でも引き続き使われたであろう陶器類である。 実は、この名前の書かれている陶器は自性寺焼で焼かれた事が判明した。製糸場の展示では、自性寺焼の名前は記載されて居ないが、ごく最近1か月ほど前の事、安中の学習の森で12月1日~来年2月末まで開かれる、安中の焼き物展(主に自性寺焼に付いて)の準備の段階で、私の持っていた古自性寺焼の陶片にまさに韮の字が書かれており、県の埋蔵文化財調査員の目に留まり、そこで富岡製糸場の出土物と名前が一致した事が初めて判明した訳だ。その他展示されている陶器についても、自性寺焼に間違いないであろう。安中の焼き物展準備の中で、今迄解明されて居なかった数々の史実も判明した。大きな成果である。 是非、富岡製糸場の出土物展と合わせて、安中の焼き物展もご覧いただき、両者の関係を知って戴きたい。   


Posted by やきものばか at 23:01Comments(0)写真着物・絹観光伝統工芸品展文化自性寺焼歴史

2018年05月30日

群馬県ふるさと伝統工芸品展

明日5月31日から6月4日(午前10時から午後6時】迄、県庁県民ホールにて、群馬県ふるさと伝統工芸品展が開催されます。 毎日色々な制作実演と、豪華景品が当たる抽選会が開かれます。 年に1回の伝統工芸品展を是非ご覧下さい。 販売も行っております。   


2017年05月26日

群馬県ふるさと伝統工芸品展のお知らせ

群馬県ふるさと伝統工芸品展のお知らせ。 今年も群馬県庁県民ホールにて、開催致します。 期日:6月1日(木)~6月5日(月)9:00~18:00迄    (3日、4日は5:00迄、最終日は午後3:00迄) 主催:群馬県及び伝統工芸士会 年に1度の工芸品展です。群馬県を代表する優れた県指定の伝統工芸品が展示販売されます。 是非お出かけ下さい。 連絡先:県工業振興課 電話:027-226-3358     伝統工芸士会会長 青木昇:027-382-5560