2018年11月14日

アプトの道散歩

この所運動不足で、足がだいぶ弱って来た。 何時も乍ら、午後になっての外出。夫婦で散歩も良いのだが、近所では人目について恥ずかしい(/o\)。 午後3時少し遅すぎるが、晩秋のアプトの道へ。 峠の湯に車を置いてから歩き出し、眼鏡橋までを目標に! たった1.5㎞の道程だが、錆びついた足腰にはきつく、痛み出した!途中何時も乍ら、猿のお出迎え!一人猿でのんびりと木の枝で、、、! 平日とあって、散策者もまばらで、歩きやすい! ようやくたどり着いた! 一息ついて、眼鏡橋下から眺める。 駐車場トイレまで歩く。 途中、旧18号線沿いの歩道下は深い渓谷で上からの眺めも良い。急カーブを車で下りながら、丁度眼鏡橋が良く見えるポイントで、止まるほどの速度で運転席からスマホを片手に撮影している女性が居た!後続の車が急カーブに差し掛かって居て危険なので、「危ない!危ない!」数回注意したが、聴こえているのか!いないのか!分らないが、無防備無神経な女性に呆れる(`・ω・´)。後続車は追突せずに通り過ぎたが、穏やかな性格の私さえ大声で注意した有様!  熊野平まで1.5㎞との表示だがすでに4時を回った。片道25分とあったが、往復50分では、暗くなってしまうので諦めた。 峠の湯駐車場に戻ったら、万歩計で6000歩余り。いきなりの散歩にはきつく、かなり足が痛くなった。 第二火曜日は峠の湯は休日で、妙義のもみじの湯で一風呂! 足腰痛んだので湯船の中でセルフマッサージとストレッチをした。それだけでも凝った筋肉がほぐれた。もみじのライトアップとイルミネーションに年末が近付いた事を感じる!   


2018年10月27日

富岡製糸場出土陶器=自性寺焼

昨日、富岡製糸場に行ってきた。 現在、ブリューナ館に於いて、製糸場出土物展が開催されている。出土物の中に、陶器で韮塚の名前が入っている物が、数多く出て来ると言う。ほんの数点であるが、展示されていた。 この人は韮塚直次郎と言う、資材調達の請負人であった。長い間の工事に関する資材や、賄などに使われた物で色々な物が必要であったであろう。又、操業開始しての工女達の賄でも引き続き使われたであろう陶器類である。 実は、この名前の書かれている陶器は自性寺焼で焼かれた事が判明した。製糸場の展示では、自性寺焼の名前は記載されて居ないが、ごく最近1か月ほど前の事、安中の学習の森で12月1日~来年2月末まで開かれる、安中の焼き物展(主に自性寺焼に付いて)の準備の段階で、私の持っていた古自性寺焼の陶片にまさに韮の字が書かれており、県の埋蔵文化財調査員の目に留まり、そこで富岡製糸場の出土物と名前が一致した事が初めて判明した訳だ。その他展示されている陶器についても、自性寺焼に間違いないであろう。安中の焼き物展準備の中で、今迄解明されて居なかった数々の史実も判明した。大きな成果である。 是非、富岡製糸場の出土物展と合わせて、安中の焼き物展もご覧いただき、両者の関係を知って戴きたい。   


Posted by やきものばか at 23:01Comments(0)写真着物・絹観光伝統工芸品展文化自性寺焼歴史

2018年05月22日

野反湖のシラネアオイ

野反湖のシラネアオイ。 今朝の上毛新聞にシラネアオイが真っ盛りとの記事が載って居た。我が家では4月上旬に咲いたが1か月以上遅い開花である。当然寒冷地だから遅い訳だが、今年は昨年より1週間早かったようだ。 昨年は。もう少し早く見に行ったが、開園が1っ週間後と言う事で観ることが出来なかった。今年は満開どころか、少し色あせていてあと週間で散ってしまうようだ。 山野草の女王とも言うシラネアオイだが、余りにも多さに感慨も薄れる程だ。だがその陰で、毎年植栽や山刈など大変な作業を地元の人達や学生が行って居る事を思うと心から感謝の念を抱く。野反湖の空は青々と清々しかった。   


Posted by やきものばか at 23:47Comments(0)観光山野草地域起こし群馬県

2018年03月09日

安中秋間梅林

秋間梅林頂上休憩舎では、今日から13日迄安中市の物産展を開催してます。磯部煎餅をはじめ、自性寺焼の販売、陶芸体験教室も行っております。梅の花もかなり咲いております。 明日南房総市から、花と海産物が届き、即売会が開催されます。行列で買い求めるお客様で賑わいます。   


Posted by やきものばか at 23:20Comments(0)手作り梅の花観光伝統工芸品展地域起こし自性寺焼

2017年11月11日

紅葉狩り。南牧村から佐久臼田へ

 久しぶりの休日を楽しむ! 先月12日の朝、突然の腹痛と下痢、嘔吐が凄まじく、救急車で病院に運ばれ、8日間の軟禁状態となってしまった。高熱も出て、腎臓機能が低下、もしや悪い菌かと疑われ血液培養を行って検査したが、常在菌きり出てこないと言う。回復したので退院させてほしいと頼んで、19日に退院。即日穴窯の窯詰めを始めて、速攻で頑張り何とか予定の10月22日の火入れに間に合わせた。29日に焚き上がって、今月5日の窯出しとなった次第です。窯焚き最中にも注文の作品作りをしての多忙状態で、疲労は入院後3キロの体重減に増して昼夜無しの窯焚きで、ピークに達していた。いや精神的な疲労かな?  前置きが長くなってしまいましたが、と云う訳で本日休日を取りました。 紅葉シーズンとあって、その誘惑に勝てず、山に向かいました。  7日は上野村から十石峠へと回ろうかと思って向かったが、上野村に着いたら、十石峠方面は土砂崩れで通行止め!仕方なく、南牧村に戻って、田口峠方面へ車を走らせた。 星尾までは数度行った事があるがその先は初めてだった! 南牧村は奥が深いのに驚いた。星尾の先に幾つもの集落が有るのには驚いた。日本で有数の限界自治体と言われるのもうなずける。 紅葉は峠付近はすでに色褪せていたが、楓は素晴らしい色付きを誇って居た。 途中集落の馬坂(まさか)の北面の山腹は綺麗に石積みされた段畑に驚く!作物は一段に一条の作付けが精一杯であろう! 空き家が多いいが、佇まいは立派な家が多い。増して蔵迄あるではないか! その様な奥山でも養蚕が行われて居た様子が窺える。何処に桑を植えてあったのか不思議な地形だ。  さらに進むと景勝の渓谷や岩山が続く!道幅が狭いので車を止めたくても、場所が無い。 素晴らしい景勝地が目に入って車を止めようとしたら、熟年のカップルがレジャーシートを広げ昼食を摂って居た。 止む無く先に進む。 未だのぼり坂がかなり続くのに、「長野県に入りました!」、「ぐんまけんにはいりました」と数回繰り返しカーナビがアナウンス!?  完全に長野県に入ったら次第に空が広くなって、又集落が現れた。広川原と言う。そこでコンビニおにぎりに焼き鳥、あんまんを頬ばる。綺麗な景色を眺めながらのコンビニおにぎりも美味しいものだ!此処に、長野県指定の自然遺産「広川原洞穴群」がある。徒歩15分とあったので行って見る事にした。老体では15分は無理であった。チャートの断層面の出来た、言わば洞穴だ。途中、獣の大きな糞の塊があった! 驚くほどの洞穴では無かったが、足の鍛錬に役立ったか?  田口峠はまだ距離が有り、暫らく九十九折の坂道を上ると漸く眼下に南牧地区や奥多野山脈、秩父山脈が遙かに見えて、素晴らしい景色に心を洗われる。  そこを過ぎれば、なだらかな坂を下り臼田の街に出る。 臼田と言えば、五稜郭で有名な龍岡城址が有る。過去2度行っているが、今回も尋ねた。五稜郭は本丸跡で、今は小学校が建っている。 この城郭はしっかりとした保存がして在り、一見に値する。 楓の古木が見事な色合いで、これぞ紅葉と言うに相応しい! 駐車場には、珍しくスズメの群れが木々にとまっていた。 現在スズメがめっきりと減って、1980年代に比べて、5分の1の生息数だとの事。我が家でも余りにもスズメが居なくなったので、少々寂しい。さあ、明日から怒涛の11月だ!   


Posted by やきものばか at 00:02Comments(0)旅行記城跡公園観光紅葉歴史

2017年08月30日

信州へ「海津城」見学

今日は真夏日の予報だったので、最後の夏の休日になるから、信州方面へ。何時も予定を立てず、行き当たりばったりの行動で取り敢えず、高速道路に乗る。山の方へと思ったが、時間的に無理なので、松代城跡を見学する事にした。  兵どもの夢の後は石垣だけが残るのみで、再建した門だけが形を偲ばせているが、なぜか虚しい。 海津城ともいわれ、その昔戦国時代は、かの有名な武田信玄と上杉謙信の戦いで有名な川中島の合戦の武田方の拠点であった。其のすぐ南の山が上杉謙信の陣であった妻女山がある。まさに妻女山からは城内丸見えの所である。  武田が山本勘助に命じて築城されたという。武田氏滅亡後、織田信長→上杉謙信→豊臣秀吉と支配が代わった後、江戸時代は6人目の城主が真田信行となった。以後明治維新まで真田氏の居城となる。  松代の町は小さいが、歴史文化の色濃く残っている土地柄で、戦時中は山の地下にトンネルを掘り大本営の地下基地にする予定であった。亦そこに天皇を移す予定であった。  松代城の前に小布施の有名な竹風堂の支店があったので、昼食に栗おこわの定食を食べた。甘党の私は栗ぜんざいが目に入り、食後に賞味。実に美味い!  松代と言えば松代焼も名物だ!窯元検索して向かったところは、松代から移転してしまった有名な作家の所。川中島を挟んだ対岸の遥か彼方の山の上!行けども行けどもたどり着かない!山の上に登ったかと思ったら今度は下りだした。「こんな山の中で活動しているのだから、きっと客が来すぎて困っての事だろう?」と思いながらたどり着いた。案の定来客を拒否するような構えの作家宅!入るの止めて帰路につく。  国道19号から18号線に入り、一般道でのんびり車を走らせることにした。上田に入ってすぐに、「小岩井紬工房」の看板が目に入り行きすぎてUターンして尋ねた。以前我が兄と一緒に我が陶房に尋ねて来てくれた、小岩井カリナさんの工房だ。 何時かは尋ねてみようと思って居たので、丁度よかった!  あいにくカリナさんは出張で不在でしたが、誠実そうな弟さん(当主)が応対してくれ、工房も見せてくれた。 全て手作業での仕事に、感銘した!私の仕事に共通して居た事もそこにある。代々続く老舗の工房で、門構えから歴史を感じた。 私はシックなネクタイを、妻は扇子を求めて来た。 暑い夏は信州が良い!   


Posted by やきものばか at 00:05Comments(0)旅行記城跡観光伝統工芸品展文化

2017年07月25日

藤城清治美術館

那須の藤城清治美術館  7月24日(月)那須高原の友人別荘に招かれて、藤城清治美術館へ連れて行って貰った。 かねてから是非観たいと思って居たので、感謝感激! 思って居た以上に大きく立派な美術館であった。 当然、館内は写真撮影はNGだったので、作品写真は有りません。 うっそうとした木立の中、ヤマユリや紫陽花が咲き乱れ、作品に相応しい雰囲気の美術館だ。 この美術館は、藤城さん個人の所有する美術館で、その規模の大きさは、他に比類ない素晴らしいものだ。 何と言っても、中身の作品の素晴らしさが際立つ! 光と相まったメルヘンの世界は、観る人総てに感動を与える。 93歳の現在も創作意欲は全く衰えず、次々に創作し、全国各地にて展覧会を開催中だ。 にも拘らず、文化功労賞も未だ貰って居ないのは、片手落ちであろうと思う。  訳の解らない現代美術と称するものを何処の美術館でも開催しているが、全く観客を呼べないイベントばかりだ! 幼児から老人まで感動を与えてくれる、藤城さんの絵の様なイベントを美術館はもっと重要視するべきだと思う。 また訪れてみたい美術館だ!   


Posted by やきものばか at 23:49Comments(0)観光文化絵画ひかり影絵

2017年06月27日

沼田市さくらんぼ狩り

 沼田市上発地知1312番、峰川さくらんぼ園にきてます。私と幼なじみのおばさんが笑顔で迎えてくれます。甘いさくらんぼを沢山食べました。 さとうにしき他色々な種類があり、食べ比べて採取すると楽しい。ついつい味比べしている内食べ過ぎてしまいました。 場所は玉原方面へ向かい、上発知の集落、薄根川沿いを上って行き、左側です。電話、090-9678-9501   


Posted by やきものばか at 22:38Comments(0)観光果物、秋さくらんぼ狩り

2017年03月11日

秋間梅林、安中市物産展

安中市秋間梅林にて、安中の物産展が始まりました。17日まで(午前9:00~午後3:00迄、梅林頂上無料休憩所にて) 安中市内の名産品、もちろん自性寺焼も出品してあります。 老舗醤油醸造元の有田屋の再仕込み醤油を使った並木苑のラーメン、名物礒部せんべい他菓子類、舞茸、蜂蜜などの他、安中市出身の世界的切り絵の第一人者である関口 コオさんの絵葉書10枚セット(1,000円)も販売してます。  友好都市である、千葉県南房総市和田町のお花や海産物も今朝持ち込まれて、即座に完売されました。  また、自性寺焼の弟子たちが、陶芸の実演と体験指導もしております。是非この機会にお出かけ下さい。   


Posted by やきものばか at 23:48Comments(0)手作り梅の花観光伝統工芸品展散歩地域起こし自性寺焼

2016年10月25日

群馬あんなかロケーションサービス立ち上げ

群馬あんなかロケーションサービスの設立総会が安中市松井田支所でひらかれ、原案通り採択された。安中には映画やドラマのロケに相応しい場所や資源などたくさんある。それを積極的に売り込むことによって地域の活性化に繋げる事を目的にする。 役員5名を選出。 その後、国の観光局室長の公演やロケ地巡りの情報誌、「Location Japan」の編集者による講演が具体的な効果を例に挙げて行われた。 今後本格的なロケ誘致に向けて活動を開始する事になった。   


Posted by やきものばか at 23:39Comments(0)観光文化講演会地域起こし