› 自性寺焼あんなこと、こんなこと › 陶芸 › 自性寺焼 › 伝統工芸品展 › 金花紋!金鱗紋!

2016年11月19日

金花紋!金鱗紋!

金花紋!金鱗紋! これ等の写真は同じ釉薬で焼いた物です。 金花紋と名付けましたが、結晶釉の一種です。 釉薬の厚みや温度によってこれだけ変化します。 結晶釉の理想としては、結晶模様が大きいのが理想とされています。然し、細かい模様は金色の桜が満開になった様な感じになり、とても美しいので、今迄小さな結晶模様の方を主に焼いて居ました。今回写真の大きな結晶は、是まで使用して居た窯とは別の窯で、知り合いの方が高齢になったので、片付けてくれと依頼されて引き取った窯で焼いた作品です。窯によって温度の上がり具合や、冷め具合等、諸条件によって、かなり感じの違った焼き上がりになります。但し主に結晶釉と言う難しい釉薬だから変化も大きい訳です。 金花紋!金鱗紋! 金花紋!金鱗紋! 金花紋!金鱗紋! 金花紋!金鱗紋!


同じカテゴリー(陶芸)の記事画像
先日の穴窯で焼いたランプシェード
陶芸塾の忘年会兼私の誕生祝い
第38回陶朋会陶芸展のご案内
NHKほっとぐんま640で紹介されます。
自性寺焼中村里峰陶芸展
弟子、中村里峰の紹介記事(読売)
同じカテゴリー(陶芸)の記事
 先日の穴窯で焼いたランプシェード (2020-03-24 23:29)
 陶芸塾の忘年会兼私の誕生祝い (2019-12-24 23:42)
 第38回陶朋会陶芸展のご案内 (2019-09-08 23:43)
 NHKほっとぐんま640で紹介されます。 (2019-07-29 16:47)
 自性寺焼中村里峰陶芸展 (2019-06-06 23:29)
 弟子、中村里峰の紹介記事(読売) (2019-06-04 00:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
金花紋!金鱗紋!
    コメント(0)