› 自性寺焼あんなこと、こんなこと

2017年11月20日

安中市民展、陶芸部門陶朋会展

 23日まで、安中市民展が開催されております。 安中造形美術展の陶芸部門に13名が各点ずつ出品しております。陶芸部門の出品者は殆どが私の門下生です。 会場は安中市安中の旧安中高校体育館です。どうぞご覧下さい。   


Posted by やきものばか at 21:48Comments(0)陶芸手作り梅の花展覧会伝統工芸品展工作自性寺焼

2017年11月19日

自性寺焼青木昇陶芸展

いよいよ22日から高崎高島屋での 個展が始まります。 28日までの7日間です。 焼き締めの作品を中心に、金花紋の作品や紫陽花釉の美しい色の壺など出品致します。 隔年での開催ですので、2年半ぶりです。 高崎高島屋5階アートギャラリーにて、午前10時00~午後7時00までです。土日は午後7時30迄。最終日28日は、午後2時00迄です。お待ちしてます。  


Posted by やきものばか at 23:51Comments(0)陶芸展覧会伝統工芸品展文化自性寺焼

2017年11月11日

ミャーンの狙い物

わが家の猫、ミヤーン!  わが家に捨てられ、仕方なく飼い始めて5か月!すっかり主になってしまった。初めて気を許したのがこの私!以来四六時中私に付きまとって居る!ストーカーだよ! ちょっと椅子に座るだけで、すぐに飛び乗って来ては、丸くなって、自分の有りもしないオッパイを、ちゅうちゅう吸い始める有様(?_?)。今朝は、トイレに入ったら、ドアを閉める間もなく飛び込んで来て、便座に腰かけた私の足元から、下したパンツと股間から手を伸ばし私の一物を探る有様(>_<)!「こら!」と叱ってパンツを便座に寄せたが、今度はパンツとズボンの間に顔を突っ込み、無理矢理顔をのぞかせて、じゃれてくる! 我が家のミヤーンは特に私を噛みたがる。噛ませないと激高して両手をあげて絡みつく有様。少しは指程度は噛ませて上げるのだが、今朝ばかりは狙われたものが違うので必死の防御だった! 噛まれたら大変だよ!医者に行くのも憚られちゃうよ!   


Posted by やきものばか at 00:33Comments(0)生活動物愛護

2017年11月11日

紅葉狩り。南牧村から佐久臼田へ

 久しぶりの休日を楽しむ! 先月12日の朝、突然の腹痛と下痢、嘔吐が凄まじく、救急車で病院に運ばれ、8日間の軟禁状態となってしまった。高熱も出て、腎臓機能が低下、もしや悪い菌かと疑われ血液培養を行って検査したが、常在菌きり出てこないと言う。回復したので退院させてほしいと頼んで、19日に退院。即日穴窯の窯詰めを始めて、速攻で頑張り何とか予定の10月22日の火入れに間に合わせた。29日に焚き上がって、今月5日の窯出しとなった次第です。窯焚き最中にも注文の作品作りをしての多忙状態で、疲労は入院後3キロの体重減に増して昼夜無しの窯焚きで、ピークに達していた。いや精神的な疲労かな?  前置きが長くなってしまいましたが、と云う訳で本日休日を取りました。 紅葉シーズンとあって、その誘惑に勝てず、山に向かいました。  7日は上野村から十石峠へと回ろうかと思って向かったが、上野村に着いたら、十石峠方面は土砂崩れで通行止め!仕方なく、南牧村に戻って、田口峠方面へ車を走らせた。 星尾までは数度行った事があるがその先は初めてだった! 南牧村は奥が深いのに驚いた。星尾の先に幾つもの集落が有るのには驚いた。日本で有数の限界自治体と言われるのもうなずける。 紅葉は峠付近はすでに色褪せていたが、楓は素晴らしい色付きを誇って居た。 途中集落の馬坂(まさか)の北面の山腹は綺麗に石積みされた段畑に驚く!作物は一段に一条の作付けが精一杯であろう! 空き家が多いいが、佇まいは立派な家が多い。増して蔵迄あるではないか! その様な奥山でも養蚕が行われて居た様子が窺える。何処に桑を植えてあったのか不思議な地形だ。  さらに進むと景勝の渓谷や岩山が続く!道幅が狭いので車を止めたくても、場所が無い。 素晴らしい景勝地が目に入って車を止めようとしたら、熟年のカップルがレジャーシートを広げ昼食を摂って居た。 止む無く先に進む。 未だのぼり坂がかなり続くのに、「長野県に入りました!」、「ぐんまけんにはいりました」と数回繰り返しカーナビがアナウンス!?  完全に長野県に入ったら次第に空が広くなって、又集落が現れた。広川原と言う。そこでコンビニおにぎりに焼き鳥、あんまんを頬ばる。綺麗な景色を眺めながらのコンビニおにぎりも美味しいものだ!此処に、長野県指定の自然遺産「広川原洞穴群」がある。徒歩15分とあったので行って見る事にした。老体では15分は無理であった。チャートの断層面の出来た、言わば洞穴だ。途中、獣の大きな糞の塊があった! 驚くほどの洞穴では無かったが、足の鍛錬に役立ったか?  田口峠はまだ距離が有り、暫らく九十九折の坂道を上ると漸く眼下に南牧地区や奥多野山脈、秩父山脈が遙かに見えて、素晴らしい景色に心を洗われる。  そこを過ぎれば、なだらかな坂を下り臼田の街に出る。 臼田と言えば、五稜郭で有名な龍岡城址が有る。過去2度行っているが、今回も尋ねた。五稜郭は本丸跡で、今は小学校が建っている。 この城郭はしっかりとした保存がして在り、一見に値する。 楓の古木が見事な色合いで、これぞ紅葉と言うに相応しい! 駐車場には、珍しくスズメの群れが木々にとまっていた。 現在スズメがめっきりと減って、1980年代に比べて、5分の1の生息数だとの事。我が家でも余りにもスズメが居なくなったので、少々寂しい。さあ、明日から怒涛の11月だ!   


Posted by やきものばか at 00:02Comments(0)旅行記城跡公園観光紅葉歴史

2017年11月06日

高島屋個展の穴窯作品窯出し

高島屋個展用の焼き締め作品の窯出しが昨日行われました。 今回は出来るだけ深みのある色を出す様に、極端に空気を入れないように窯焚きをしました。 出してみたら、狙い通りの赤や黒の窯変が見事に出ました。 特に小物が色合い良く、品のよい魅力的な作品となりました。塾生の作品も全体的に素晴らしい焼け具合に、皆大喜びして居ます。窯出しの後は、恒例の赤飯、芋煮、ピザ、パエリアなどでの昼食会でした。   


Posted by やきものばか at 22:43Comments(0)陶芸展覧会文化自性寺焼