› 自性寺焼あんなこと、こんなこと

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2020年05月14日

久しぶりの外出

久々に外の空気を吸いにドライブに出かけた。 まだコロナの自粛要請が解けない中なので、人気のない山中に行く。安中市内の山でも、知らない山が沢山ある。 上信高速道から眺める岩山に、いつも魅了されながら眺めていたが、今日は初めて通る山道を国道18号碓氷バイパスから、恩賀方面に入り、入山地域を訪れた。山奥深く入っても、斜面ながら農耕ができそうな地形には、立派に集落が存在しているのに感動する。その集落の背後に高岩がそびえる。なんと男性的な岩峰なのだろうと、しみじみ眺めた。  その道すがら、春山の味覚としていつも戴くコシアブラに似ている木の芽を見つけた。と言ってもその木を知らない私は、自信がないが、きっと間違いないだろうと摘んでみた!少しねばねばしていてやや赤みがある木の芽だ。妻は恐る恐る手に取り、口に入れ噛んでみた!「なんか変な味!」と言って吐き出した!ペットボトルのお茶で口を漱ぎ、ペっ…ペっ!と吐き出していた!暫らく山道を車で走りながら高岩を角度を変えてた眺めた。  道端のあちこちに先ほどの木の芽があり、それは漆の木の芽か?と自信が亡くなった。 そうだ!スマホがあった!音声入力で検索。コシアブラは似ているが木も違うし、色も緑鮮やかだ!「これは漆だよ!」と結論付けた!妻は「唇がなんとなく痒く腫れぼったい」と言い出した!気のせいかもしれないが、かぶれたか?  高岩を後にして、下仁田方面へ車を走らせる。「あ!サングラスを落としてしまった!」と妻がつぶやく!「いいや!諦める!」という妻。 初めて通る道だから、あちこちに感動的景色がある。 その一集落の道端に滔々と湧き出る水場があった!妻も私も手を洗い、口を漱いで毒気を流す。 ここは、下仁田の姫街道だ!碓氷峠と比較して、なだらかな坂道で、昔は女性が多く通った道のようだ。 下仁田の町を過ぎ、南牧村の道の駅で、南牧川を眺めながら、持参のおむすびと、ミニカップラーメンを食す。水の清い南牧川は、すでにアユが放流されているようで、ワイヤーにビニールのリボンが付いた、川鵜除けが幾筋も張ってあった。 川を眺めるたびに、アユ釣りの願望がよみがえってくる。 よぼよぼの足取りでは、アユ釣りも危なっかしい!  目指すは御荷鉾スーパー林道だ! 険しい山道だが、その為にクラウンからフォレスターに買い替えた訳だ。 昨日は高崎、33度のスカッ晴れであったのに、一転霧雨の曇天に、気分は浮かない。  四駆のフォレスターだから、悪路も気にならない! 所々道路の補修工事や清掃員が仕事をしていた。 いつもなら、上野村行きは新しく出来た、長いトンネルを通るのだが、細く険しい旧道から塩の沢峠に出た。 そこからスーパー林道に入り縦走。途中展望台との標識があったので、登ってみた。残念ながら、雲は途切れず、全く展望出来ない。 晴れていれば延々と広がる秩父山系から、八ヶ岳、南アルプスも見晴らせるであろうに! 仕方無くUターンして桧沢を下る。途中突然つつじの咲く山が目に飛び込んで来た。(写真)車を停めてカメラに収める。 道路と沢を挟んで向かい側の高い斜面に一軒の家があり、 急斜面で、猫の額ほどの畑を手入れしていた老人がおり、妻が「きれいですね!」と声を掛ける。100メートルは離れているであろう距離だから、少し声高に発した! 老人は鍬の柄を立て、顎を乗せて笑顔で頷いた。 おそらく山中の、この一軒家の老人が手入れした花園であろう。 今日は、山の上なら、きっとツツジが観られるだろうと思い、御荷鉾スーパー林道に向かった訳である。   


Posted by やきものばか at 23:10Comments(0)旅行記観光散歩山野草自然環境自然

2020年03月24日

先日の穴窯で焼いたランプシェード

先日穴窯で焼いたランプシェード!   


2020年03月18日

久~しぶりの休日、小串カタクリの里、伊勢塚古墳

久~しぶりの休日! 午前中の来客の帰りを待って、早々に外出した。 友人がYouTubeでカタクリの里を紹介していたので、さっそく南牧村のカタクリの里へ行ってみた。 全く咲いていないどころか、葉も出ていない! ここは六車カタクリの里であった!? 確か、小串とあったが、早合点して無駄骨を折った! 小串は何処の町?! 戻って下仁田町道の駅の観光案内所で尋ねた! お姉さんがスマホで手早く検索してくれた!自分でも出来るのに、と思いながらも感謝! とんでもない方向で、吉井町であった!そう言えばR406沿いに在った事を思い出した。  南牧村ほどの広さはないが、平地とあって一足早く咲いていた。山野草は瀟洒で可憐な咲き具合が何とも言えぬ愛らしさを感じるから好きだ。  その足で、隣の藤岡市白石古墳群に伸ばして散策。 昨日と違って穏やかな日和で気持ちがよい。資料館は、コロナウイルス関係で臨時閉館! 伊勢塚古墳の玄室に入る。昨日NHKの640で紹介していたので、ぜひと思い尋ねた。素晴らしく美しい古墳玄室には感激。 玄室の石積は模様積みとか説明していた!その通り、美しいタイル張りのようだ! 羨道は、とても小さく、目いっぱい腰を屈めて入ったつもりが、もう一つ関門が待っていて頭をゴツンと打ってしまった!(>_<)。後続の妻も同様に!  内部はテレビで見たように感動ものであった! 入る前に手を合わせなかった罰かな?古墳周りは青々とした麦畑が広がり、育ちざかりの頃の麦踏を思い出す。  帰路、崇台山に寄った!以前に登った時は山頂周囲は木立であまり見晴らしは良くなかったが、今は周囲の立ち木を伐採して360度見渡せる素晴らしい眺望になっていた。 毎日登る会があって、登山道などを整備しているとの事にて、 とても登りやすくなっていた。 山頂で知り合いのKさんに会いしばしおしゃべりしながら眺望を楽しんだ。 残念な事に、以前の眺望とはかなり変わって、メガソーラーの無機質な風景に驚いた!一時はゴルフ場に変わってしまったが、現在はソーラーパネルで、なお景色が悪くなってしまった。とはいえ、我々もその恩恵に浴している訳だから、複雑な心境になる。   


Posted by やきものばか at 23:45Comments(0)公園散歩山野草考古学、古墳歴史

2019年12月24日

陶芸塾の忘年会兼私の誕生祝い

年の瀬も迫ってきて、どちらでも忘年会でご多忙のようですね! わが陶芸塾のメンバーも恒例の忘年会兼、私の誕生祝いを開催しました。 いつもの榛名湖ゆうすげにて楽しい!嬉しい忘年会! 因みに私の誕生日は、キリスト様と同じです! ゆえに聖人のような私なのです!(エッヘン) 毎年豪華な会員手づくりの特性昇用クリーム抜きケーキを作っていただいております。 また、プレゼントも頂きました!此のところ、少々心も体も丸くなりまして、120センチのベルトです! 私からのお返しは、マグカップでした。  


Posted by やきものばか at 23:42Comments(0)陶芸手作り温泉伝統工芸品展懇親会自性寺焼

2019年11月09日

11月9日の記事

安中市学習の森にて、関口コオ「いつかきた路」切り絵の、市企画展が始まった! 私は45年のお付き合いであったが、平成30年にこの世を去った。 コオさんの感性の豊かさは、誰もが魅了されて止まないと思う。 この企画展は、単なる美術展ではない! 安中市出身の偉大な芸術家の足跡を辿り、如何に素晴らしい作品を遺されたかを、改めて知って頂きたいと言う事である!来年の2月3日迄、安中市学習の森ふるさと学習館で開催。入館料100円、電話:027-382-7622(火曜休館) ぜひご覧下さい。青木昇。   


Posted by やきものばか at 23:57Comments(0)