› 自性寺焼あんなこと、こんなこと

2018年05月22日

野反湖のシラネアオイ

野反湖のシラネアオイ。 今朝の上毛新聞にシラネアオイが真っ盛りとの記事が載って居た。我が家では4月上旬に咲いたが1か月以上遅い開花である。当然寒冷地だから遅い訳だが、今年は昨年より1週間早かったようだ。 昨年は。もう少し早く見に行ったが、開園が1っ週間後と言う事で観ることが出来なかった。今年は満開どころか、少し色あせていてあと週間で散ってしまうようだ。 山野草の女王とも言うシラネアオイだが、余りにも多さに感慨も薄れる程だ。だがその陰で、毎年植栽や山刈など大変な作業を地元の人達や学生が行って居る事を思うと心から感謝の念を抱く。野反湖の空は青々と清々しかった。   


Posted by やきものばか at 23:47Comments(0)観光山野草地域起こし群馬県

2018年05月15日

自性寺焼穴窯の窯出し

連休中の窯焚きも終わり、13日窯出しをしました。 焼き締めの作品ばかりで、渋い焼き上がりです。今回は、門下生の個展二人と、私の注文見込み品、秋の自性寺焼40周年記念の行事他、多数の展示会などが有り、大きな作品が多かった。 悲しいかな、自分の作品より、弟子たちの作品に気を遣って窯に詰めたので、いざ開けて見たら、自分の作品の数少なさに(´・ω・`)ショボーン! だが、弟子たちは大喜び、夫々の作品にご満悦! 何時もの、窯出しパーテーは赤飯、パエリア、ピザ他妻の手料理でワイワイガヤガヤ!ノンアルコールでかんぱーい!  


Posted by やきものばか at 00:22Comments(0)陶芸手作り伝統工芸品展工作自性寺焼

2018年05月09日

穴窯の窯焚き終了

4月30日に火を入れて今月6日に火が止まりました。 例年と違い、今年の5月連休は真夏日の多い、暑い日の窯焚きとなって、とても 体が疲れた。 1250℃と言う高温での窯は、輻射熱で薪入れの際火傷するほどで、きつかった。 今回は弟子たちの作品も多く、窯が目いっぱいに詰まった。 2人の弟子の個展も控えて居り、亦、自分の作品も大作が多く、焼くのにとても神経を使った。 秋には、安中市教育委員会による自性寺焼企画展もあり、其の為の作品展を同時に開催する予定だ。 まだまだ其の為にも作品を作らねばならない。  


Posted by やきものばか at 00:03Comments(0)陶芸手作り伝統工芸品展自性寺焼

2018年04月28日

自性寺焼の穴窯、窯詰め作業中

30日より5月6日までの7日間、穴窯を焼きます。 其の窯詰め作業中です。 窯に作品を詰めるのも一苦労。全ての作品の底に、耐火粘土の台を付けてから入れます。 丸二日間は湿気抜きの為、灯油バーナーを使って徐々に昇温させてから、約500℃位まで上げ、薪に切り替えております。 焼成温度は平均1250℃位で、4日目くらいでピークに持って行き7日目まで焼き続けます。 窯詰めに4日間、今日は3日目ですが、狭い窯の中での腰の上げ下げ、まるでスクワットをして居る様で、太ももが痛いです。後一日で詰め終りです。頑張ります!   


Posted by やきものばか at 23:34Comments(0)陶芸伝統工芸品展文化自性寺焼

2018年04月19日

群馬芸術文化協会展(第44回)

毎年恒例の群馬芸術文化協会展が高崎シテイギャラリーで始まりました。1階すべてのフロアーを使っての大きな展覧会です。 陶芸、絵画、彫刻、写真、書道、文芸、他諸工芸からなる、総合芸術グループの展覧会で、44回目となります。 特に見所は、陶芸と彫刻でユウモア溢れる作品です。25日まで開催。午前10:00~午後6:00まで。 是非お出かけ下さい。お待ちしております   


Posted by やきものばか at 23:12Comments(0)陶芸写真手作り展覧会伝統工芸品展文化絵画自性寺焼群馬県